勃起不全を食事で対策したいときはすっぽんで

すっぽんがなぜ勃起不全に効果があるのか

精力が減退しているときは、すっぽんを食べると良いと昔からいわれていますが、その理由はアルギニンという成分が含まれているからです。
アルギニンはアミノ酸の一種で、これが足りないと勃起できなくなるので、性行為をしたい気持ちはあるのに、体はいうことを聞かないといった状態になってしまいます。
男性は性的興奮を感じると、陰茎動脈内で一酸化窒素が発生することで血管が拡張し、血液がたくさん流れて勃起状態となります。
一酸化窒素はアルギニンがなければ発生しないので、勃起不全にお悩みの方は、すっぽんの食事を摂って、対策するようにしてください。
そんなに頻繁に食べられないという方は、アルギニンのサプリがあるのでそれを利用するとよいでしょう。
アルギニンには疲労回復や免疫力を高める効果があるので、体の健康にも役立ちます。
サプリなら気軽に摂取できるので、勃起不全を対策したいときは、店頭や通販で購入するようにしましょう。

勃起不全の初期症状「中折れ」とは?勃起状態を維持できない

勃起不全と聞くと最初から、勃起ができない症状をイメージする方が多いでしょう。
確かに勃起できない状態は、勃起不全と言われています。
しかし、1度は勃起したものの途中で萎えてしまう場合も、勃起不全と言っても良いでしょう。
この状態は「中折れ」と言われており、最初は問題なく勃起も性交渉を行う事が可能です。
しかし途中で勃起状態がキープできず萎えてしまったり、中折れな状態で射精してしまう症状を引き起こします。
実は、中折れ防止を経験した事のある40代は、何と70%にも上ると言われている程、男性にとってはポピュラーな症状です。
この数字からでも、多くの男性が経験している事が分かるでしょう。
しかし、初めて中折れを経験した男性はショックを受けたり、男性としての自信を失ってしまうケースも少なくありません。
中折れは血行不良によって海綿体へ、血流が行き渡らない事や、男性ホルモン分泌の減少、下半身の筋力不足などで起こりやすくなると言われています。